洗えば洗うほど体臭が臭くなるというのはホント?

「洗えば洗うほど体臭が臭くなる」みなさんどこかで耳にしたことはないでしょうか?

 

これについてですがかなり信憑性は高いです。以下、順を追って説明していきます。

 

洗えば洗うほどと書いていますが、厳密には「洗いすぎると」ですね。と言いますのも、人間の体というのは全身くまなく大なり小なりの油がコーティングされています。

 

顔やもちろん、場所によって多さは違うものの全身は油で包まれています。この油が過剰に分泌されたり、微生物が発生したりするといわゆる体臭が臭くなると言われています。まず、体を洗いすぎると表面の油が大量に流れ落ちてしまいます。こうなると体は焦って体の表面に急いで油を張ろうとします。

 

しかし、こうなってしまうと油は過剰に分泌されてしまうのです。結果体全体にバクテリアが発生して、体臭がきつくなってしまうというメカニズムらしいです(厳密にはバクテリアが汗などを分解した時に匂いがするらしいですが)。これを防ぐためには、特にお風呂で体を洗い過ぎないようにすることが大切です。

 

体を強くゴシゴシ洗うなんて厳禁です。ではどうすれば良いのか?単純です。体を洗うスポンジを使わなければいいのです。一説によると、体を洗う際はスポンジなどを使用せず、手にボディソープを出して、そのまま手で洗うのが良いらしいです。表面の汚れは落として、皮膚の油を落としすぎないようにするためには素手で体を洗うのが良いらしいので試してみてはいかがでしょうか。

 

 これに加えて普段の食生活も大切です。ポテトチップスなど油の多い食べ物を食べすぎると、必然的に皮脂の分泌量が増えて体臭が臭くなることに起因してしまいます。かといって、油を摂らないのもよくありません。油が体内で欠乏すると、皮膚の表面を油で覆うことができなくなってしまい乾燥肌につながり、ひどい場合は脱水症状になりやすい体になる可能性もあります。また、油を摂る場合は可能であればオリーブオイルなど体にいい油を使うと効果大ですよ。

 

体臭が気になっている方は、これらのことを試してみてはいかがでしょうか。