断食をすると筋肉まで落ちてしまい、リバウンドしやすい体に

「健康的に痩せる」とはどういうことなのか説明したいと思います。

 

簡潔に言うと、体脂肪率を下げるということです。ただ単に体重を落としたいだけなら、断食すればよいだけなので、わざわざ記事にする価値はないと思います。また、断食をすると代謝の増加に役に立つ筋肉まで落ちてしまい、リバウンドしやすい体になります。

 

では、どのようにダイエットを行えばよいのでしょうか?
ダイエットを進めるうえでいくつか守るべきことがあるので順番に説明していきたいと思います。

 

ダイエットの大原則として、カロリーの収支をマイナスにしてください。すなわち、摂取するカロリーより消費するカロリーを多くするということです。体重を落とそうとする以上は当然のことです。

 

次に具体的な食物の摂り方ですが、糖質と脂質を同時に摂取しないでください。

 

その理由は糖質を摂ると体内ではインスリンが盛んに分泌されます。インスリンが分泌されると、体が栄養素を積極的に取り込もうとするので、太る原因になります。ただ、前述したように代謝を助ける筋肉は落としたくないので、タンパク質は毎食しっかりと摂取してください。

 

また、食事の回数は一回の量を少なくして食事の回数を多めにしてください。なぜなら食事の回数が少ないと体が次にいつ栄養を補給できるかわからないと認識し、体脂肪として体にエネルギーを蓄えようとするからです。当然、食事の回数を多くすればいつでも体内に栄養が摂りこめると体が認識し、死亡としてエネルギーをため込みにくくなります。

 

最後に筋力トレーニングを必ず行ってください。ここでいう筋力トレーニングとは高い負荷を体にかけるものです。目安として、十回以上同じ動作を繰り返すことができるようではいけません。そして、動作を素早く行ってください。そうしないと、体が持久力を必要とする運動だと認識して、筋肉をそぎ落とそうとします。なぜ持久力を必要とする運動で筋肉が落ちるかというと、筋肉が代謝を助ける以上、代謝して余計なエネルギーを使われるのは不都合だからです。

 

要するに自分が行う行動を体がどのように認識してどのような反応を起こすか予測して行動することが健康的に痩せるために必要ということです。