下半身作りのためにジョギングよりウォーキングを始めることがおすすめ

私が実際にしてみてダイエットに効果があったと感じた運動方法を三つ紹介します。一つ目はウォーキングです。

 

体への負担と経済的にやさしいのがお勧め理由です。ウォーキングをするならジョギングがいいんじゃって思う方もいると思いますが、ダイエットをしようって人は体に贅肉がついていて、これが重りの役目を果たしてます。足腰が出来上がってる人ならいいですが、普段運動をしてない人がジョギングをすると下半身、特に膝関節を痛めてしまうことになりかねません。まずは下半身作りのためにウォーキングを始めることです。

 

経済面で言うとウォーキングシューズ等を持ってる人は一切初期投資費用がかかりません。ない人は1万円ぐらいするウォーキングシューズを購入するのがお勧めです。3000円ぐらいでも購入可能ですが、高いものほどショック吸収能力に優れ、足の裏を傷めにくいので出来ればそれなりの物を最初から購入するのをお勧めです。ウォーキングのペースは時速5.5kmぐらい、早歩きを意識する程度で十分です。このペースで1時間歩けば大体1万歩で結構な運動量になります。

 

二つ目は踏み台昇降運動です。学生の頃身体能力検査でした覚えがあると思います。これの良いところは階段さえあればどこでも出来ることと、地味な運動の割りに消費カロリーの高い有酸素運動というところです。重力に逆らって体を上に押し上げるのは相当なエネルギーが必要ですし、降りる際は自分の体重が足にかかります。体の筋肉の大半は下半身に集中してるので、有酸素運動でカロリーを消費したい場合はかなり有効です。

 

ただし膝関節への負担が強いので注意が必要です。三つ目はサイクリングです。自転車を購入する必要がありますし、長時間サイクリングするならそれなりの自転車と安全に走行できる道路のチェックも必要なので、他の運動方法と比べると少しハードルがあがります。しかし足腰への負担なくずっと運動することが出来ますし、常に有酸素運動なのでダイエットにはピッタリです。以上3つの方法を紹介しましたが、自分のダイエット状況に合った方法を選んで見てください。