初心者が筋トレを行う際の注意点

筋トレを全く行っていない初心者は急にダンベルなどを使って運動をすると、運動によって体内の筋肉が持たないで痛めてしまう恐れがあります。筋肉を痛めれば当然トレーニングができなくなって、場合によっては生活に支障を与えます。

 

体を痛めて仕事ができなくなったり、生活が不便になれば練習の意味がないので、自分の体力に合わせて無理のない筋トレを心掛けます。体重が重たい人が始める場合、普通の人よりも体の負担が掛かる事を考えて、ジムのトレーナーなどから指導を受けながら練習を行います。

 

練習法として、お腹の部分を鍛えたい場合は最初はゆっくり腹筋を10回から20回ほど行います。腕や足を鍛えたい場合、ダンベルなども使用しても良いが、痛めないように軽めにダンベルを持ちながら運動を行うと良いです。

 

慣れてきたら運動量を増加する

 

マイペースで筋トレを行ってきて、慣れてきたら徐々に腹筋などの回数を増やしていきます。痛みを感じなければダンベルを使った練習の時間を増やしても良いが、無理をしない事を優先します。
ジムなどに通って、室内に設置してある器具などを利用して筋トレを行っても良いです。

 

但し、最初は独断で器具を使うのではなくて、近くにいるスタッフに相談しながら練習の方法などを相談します。無理に全身の筋肉を付けるという意識を持つのではなくて、ジムなどを活用しながら少しずつ筋肉を付けていく感じで運動をします。

 

食事のバランスを考えながら筋トレを実行する

 

タンパク質などは筋肉の源となる成分なので、摂取量の過不足には注意します。

 

肥満の人は食事を制限するのではなくて、糖質やタンパク質などのバランスを考えて食事をして、筋トレの練習を行います。

 

体が重たい人ほどタンパク質の量を多く必要としていて、70キログラムの体重のある人は140グラムのタンパク質が必要になります。体の重たさに応じて適正な摂取量を心掛ける事が重要なので、日々の体重も確認します。
筋トレをスムーズに行うために、ビタミンやミネラルなどの摂取にも注意しておく事が大事で、30種類の野菜をバランスよく食べます。