多汗症は切実な悩みになる、交感神経を刺激しないように

多汗症は大汗をかく人によっては切実な悩みです。

 

特に手を汗をかき過ぎると、握手するのも嫌になってくるだろうし、人に嫌な感じを与えていることをきにしないといけません。

 

 

多汗症の原因は人によりそれぞれですが、ストレスがたまって自立神経が乱れている・肥満体質である・脱毛した人・運動不足の人に、汗をよくかくなどの症状があるようです。夏の暑い日に汗をかくのは自然なことです。身体ね熱がこもらないように汗をかいて冷やしてくてれいるのです。でも、必要以上に汗をかいていまうから問題となるわけです。

 

 

食事を見直してみましょう。加工食品や、動物性脂肪のものは発汗しやすくなります。なるべく植物性エストロゲン(アボガド・大葉・もやしなど)を含むイソフラボン(豆腐や納豆のマメ類)やカリウム(トマト・なす・きゅうりなど)を摂取しましょう。肉は健康の為にも少しは食べたほうがいいです。

 

 

あとはウォーキングなどの有酸素運動・シャワーだけでなく入浴すると新陳代謝が良くなり、発汗しにくい体質になると言われています。ぬるめのお湯に最低でも10分はつかるようにしましょう。特に夏場はシャワーで済ませる人も多いかもしれませんが、せめて半身浴程度は毎日お湯につかりましょう。
ストレスをためない・生活習慣を改善することは、お仕事などされている方にとっては難しいかもしれません。

 

 

規則正しい生活をしてストレスをためない為に、御自分で出来る事を考えてみてください。夜もよく眠る事が大切です。テレビやパソコン・スマートフォンは、交感神経を刺激してしまうので、眠る1時間前には見ないようにしましょう。

 

 

色々試しても多汗症が気になる方は、手術という方法もあるようです。交感神経を遮断して汗が出るのを防ぐ手術です。先ほども言いましたが、汗は全く出なくなるのは良くないのですが、プロは患者様の状態に合わせてうまく調節してくれるようです。どうしても気になる方は専門医の門をたたかれてはどうでしょう。主治医とよく相談して決められるとよいでしょう。

 

これからの夏、いい汗かいて素敵な夏にしましょう。