体臭の多くは汗が蒸れたところから発生する

夏

 

夏場に増す、問題のある体臭の多くは、汗が蒸れたことから発するパターンが多いです。

 

この汗を制御するのに、制汗剤を使ったりデオドランドスプレーを利用したり、色々な対策を試している方もいるでしょうが、一番簡単な対策で『毎日それなりの時間、きちんと湯船で入浴する』というのは実施されていない方もいるのではないでしょうか。

 

実は汗の臭いは身体の中の老廃物や、不純物がそのまま反映されがちです。

 

ですから運動選手で汗をダラダラとかいているのに、においはそれほど気にならないという人もいれば、それほど汗はかいていないつもりだけれど、少し汗をかくと体臭が気になってしまうという人に別れるのです。

 

普段から色々活動し、汗をかくことで同時に老廃物を出している人は、多くの汗をかいてもサラサラとした汗ですので、それほど臭いません。

 

ですが家の中で籠り勝ち、運動はあまりせずに冷房の効いた部屋からあまり出ない、お風呂はシャワーで済ませている……こんな人は、身体の老廃物がかなり蓄積されてしまっているので、たまに外出したりすると、ベタベタした臭いの気になる汗が出てしまうのです。

 

太った人の中には、冷房の効いた部屋でも汗をかいているから、それなら大丈夫かという人もいるかもしれませんが、おそらくその場合は汗が出てもそれ以上に老廃物が溜まりやすくなっているのでしょうから、やはりベタベタした汗が出がちです。

 

これへの対策として、湯船でゆったりとした入浴がお進めです。

 

入浴前にぬるめの水を多めに摂取しておき、もし許すなら浴槽近くにペットボトルで水を持ち込んでもいいですね、その状態で、汗をかくまでゆっくりお風呂に入ってください。

 

熱めの入浴でさっと出るというのは、身体の疲れを癒してはくれますが、老廃物を出してくれるまでには至りません。

 

最初は汗をかかない程度のぬるめのお湯に、半身浴の要領で浸かり、汗を結構かいたなと思える程度まで入るようにすれば、サラサラ汗へと変化するでしょう。

 

おすすめの制汗対策はこちら⇒クリアネオの口コミへ

 

体臭は必ずしも臭いわけではない

 

体臭はが与える原因は思っているよりも重要です。体臭が臭いことによって取引き先の人間に不快感を与え会社の売り上げが落ちたというケースまであるそうです。体臭に気を遣わないとお金にも関わってくるんですね・・。

 

しかし、必ずしも臭い体臭が全員に平等に臭い匂いを感じさせているかと言えばそうではないのです。匂いがするということは生きている証拠であり、異性にフェロモンとしてアピールする効果もあります。よくワキの匂いが気になるという方がいますが、人によってはそれが良い匂いだと感じるケースもあります。ですから、匂いがするからといってすべての体臭を消してしまう事はありません。

 

では、極力みんなが良い匂いだと感じる体臭にするにはどうしたら良いのか。

 

日本人はもともと体臭がきつくない民族なのですが、食べるものが肉やファストフードなどといった欧米食に近づいたことにより体臭がきつくなったと言われています。ですから、食生活をベジタリアンな物に変えれば自然と体臭は改善されるのです。

 

汗であればサラサラとした汗であれば実はさほど臭くないのです。臭い汗というのはベトベトしており脂分や塩分が強すぎるのです。ですから臭くない汗をかきたければ食生活を改善すれば良いわけです。ベジタリアンな食生活をすればおのずと改善されるでしょう。

 

また汗腺を鍛えることにより、臭くない汗をかくことができます。汗腺には二種類の分泌腺があり、「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれています。エクリン腺は全身にあり、アポクリン腺は脇にあります。よくワキガと言われる方でもアポクリン腺を鍛えることにより多少匂いを抑えることができます。汗腺の鍛え方はとにかく汗をかくことです。半身浴でも運動でもかまいません。よく運動する人の汗と久しぶりに運動した人の汗を比べると、運動してない人の汗腺は弱っているため脂っぽく臭いと言われています。

 

汗腺と食生活を改善して良い体臭がする人間に生まれ変わりましょう。